人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Guzziに恋して

原爆の図丸木美術館へ


8月6日、
東松山IC降りて10分程の都幾川沿いに
丸木美術館はひっそりと佇んでいた。
ひろしま忌のこの日、曇り空
開館までのひととき、都幾川を眺めながら
蝉の鳴き声にうたれながら過ごす。
77年前もこうして蝉が鳴いていたのだろうか。

原爆の図は、静かに力強く、そこにあった。

次の世代に伝えること、
人として向き合うこと、
芸術が成し得ること・・

藤田嗣治は葛藤の中、戦争の絵を描き、
ピカソはゲルニカを描き、
丸木位里・俊は原爆の図を描いた。

ひろしま忌は大雨の影響などで中止となった。
灯籠流しにかえて、祈りを捧げたい。
平和な日々でありますように・・・
原爆の図丸木美術館へ_e0286552_22585056.jpg







# by zxc06132 | 2022-08-06 23:05 | Comments(0)

大人の夏休み

猛暑も雨も混雑も避けて、
平日に恐竜と化石と自然を求めて
ミュージアムパークへと友と走る。

朝は一面の雲だったが、徐々に青空が見え始める。
高速道で埼玉県、千葉県を通過し
利根川を越えるとすぐに茨城県へ。
ICを降りるとそこは、つくばみらい都市。
見渡す限りの田園風景を抜けると
緑豊かな自然博物館へと導かれる。
平日の静かな・・のはずが、子供達の団体でいっぱい‼︎
こいつらには負けられないと好奇心を全集中させる。

子供の頃からこのような博物館で
学習できる機会があるなんて・・
自分は今、今になって訪れている。
自然、生命、宇宙と、知るほどに
見ることも知ることも楽しくなる。
しかも最近の展示は見せ方に工夫があり、
映像や最新の情報も盛り込まれるなど、
楽しく学び夢を膨らませる企画が感じられる。

館内を巡った後は隣接したミュージアムパークへ。
木立の中の遊歩道は爽やかな風が抜ける。
ひろ〜い芝生広場に辿り着くと
そのまま芝生に身を任せ空を見る。(昼寝?)
体は大地にすーっと吸い込まれるよう〜(気持ちe〜)
あー、大人の夏休み・・・
最高のひととき・・・

大人の夏休み_e0286552_21125356.jpg

# by zxc06132 | 2022-07-09 21:22 | Comments(0)

梅雨の合間のモダン・・・

原田マハの「モダン」を読み終えて
モダンアートって何なのか?
答えは見るしかないと思い立ち
平日の休みに一路走り出した。
梅雨に入ってはいるが、
天気予報の雨が少しズレ込み
時間差で何とかなると・・・
目指すは原美術館ARC!!
ほぼ高速道路で片道150km弱の距離だ。

関越道の渋川伊香保ICで降り
R17からK33でグリーン牧場の先を右折すると、
建築家磯崎新による漆黒の建築が見えてくる。
現代美術ギャラリーA、B、Cと
特別展示室をひと通り観るとざっと1時間。
企画展は「雲をつかむ」だが、
見終わると雨雲にガッツリつかまれていた!

HARA MUSEUM ARC の空間で
自分がここに存在して
その何かと対峙している・・・

何かを求めて、
また走るんだろうな、きっと。
梅雨の合間のモダン・・・_e0286552_22373586.jpg
梅雨の合間のモダン・・・_e0286552_22375285.jpg


# by zxc06132 | 2022-06-10 22:51 | Comments(0)

銀河鉄道の夜に

連休のはじめ、3年ぶりのバイク帰省で
北上の宿をめざし北上した。
予報通り仙台付近は昼から雨、カッパを着込む。
何故か雨装備をすると、雨も気にならずに走れる。
(これもバイクあるある?)

高速道路の水捌けは良く、
ハンドルカバーのお陰でグローブも濡れない。
車体のwaxも効いてて水を弾いてる。
しかし、外気温は下がってくる・・・
福島山間部の雪予報が嘘でないと感じられる。

根性で走り抜き、気ずくと580km走破‼︎
まだ明るいうちにホテル地階駐車場に入る。
チェックイン後、ホテルの傘を借り
北上駅から花巻駅へローカル電車の旅に出る。
花巻駅に着くと雨はみぞれになり、
坂を下ったコーナーの壁に目指すものがあった。
それは、夜にしか見れない
ブラックライトで浮かび上がる壁画、
銀河鉄道の夜・・・
雪で重くなった傘でしばし立ちつくす。

翌朝、陽射しで雪も溶け
普通に走れることに感謝しつつ出発する。
まずは宮沢賢治記念館へ。
そして童話村、イーハトーブ館へ。
見て訪ねるほどに、
賢治とは何者なのかわからなくなる。
科学者?哲学者?農学者?詩人?
その全てであり、分類は無意味で全ては連鎖している。
科学と自然、生きるという事が繋がっている。

そこからローカルな県道を走り、
賢治と交流のあった高村光太郎記念館へ。
一面カエルの合唱と川のせせらぎと水芭蕉
山を背景にしたあずま屋が、晩年過ごした光太郎の棲家。
そこで土を耕し野菜を育てながら、
妻千恵子亡き後に、ここで生きることで
再生した光太郎・・・ここの環境で・・
土や自然なしには人は生きられない・・・

宮沢賢治と高村光太郎・・・
イーハトーブの郷で、どう生きたかを知り
どう生きるかを考えさせられた・・・

銀河鉄道の夜に_e0286552_23154242.jpg
銀河鉄道の夜に_e0286552_23150205.jpg



# by zxc06132 | 2022-05-13 23:28 | Comments(1)

桃源郷から恵林寺へ

4月上旬は桃の見頃、天気予報晴れ!
週末は気温も上がり人手が多いので
平日にソロツーリング!
奥多摩湖の山桜の半ば散るのを見ながら
柳沢峠へ向かう。
最高気温20度予報に対し、
峠の外気温表示は13度‼︎
そして道端、日陰の斜面に残雪‼︎
流石に峠の春まだ遠い・・・
工事中の多いR411を下り塩山へ、
道々に咲く濃い桃色や白の桃の花。
桃の香りが漂うほどではないが、
桜と両方楽しめるのもまた風情がある。

初めて訪れた恵林寺は信玄公の菩提寺。
朱塗りの四脚門は国重要文化財、
庭園は国指定名勝。
この日、武田不動尊が修復から戻り、
慌ただしく設置と公開の準備中で、
職員がバタバタしている中、ニャンコが出迎えてくれた。

静寂な景観に心洗われるひとときであった。
平和な日々に感謝して・・・


桃源郷から恵林寺へ_e0286552_17552444.jpg
桃源郷から恵林寺へ_e0286552_17553977.jpg





# by zxc06132 | 2022-04-09 18:16 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31